喜ばれるホワイトデーギフトとは

女心をつかんで離さないホワイトデーギフトを知ろう

彼女が喜ぶホワイトデーのギフトを選ぼう

女性が喜ぶ定番といえばやっぱりジュエリー

3月14日のホワイトデーと言えば、男性から女性にプレゼントを贈る日として知られています。2月14日のバレンタインでは女性から男性にチョコレートを贈るのが一般的ですが、ホワイトデーではお菓子だけでなくプレゼントも添える傾向が多いといえるでしょう。さらに、意中の女性に自分の思いを伝える男性も多く、想いを込めて贈り物を選ぶという男性も少なくありません。女性への贈り物の定番といえばやはりジュエリーです、そもそも宝石を使用したアクセサリー類をもらって嬉しくない女性はそうそういません。無難な所で言えばネックレスやブレスレット、ピアスやイヤリングなども人気の贈り物です。ただしあまり高価すぎるものを贈るのは避け、女性との関係に応じて選びましょう。あまり親しくない間柄なら5,000円前後、非常に親しいなら10,000円前後、特別な記念やカップルなどであればこれより高い金額でも問題ありません。

ジュエリー以外で喜ばれるギフトと言えば

ジュエリー以外でも女性が喜ぶプレゼントはたくさんあります。例えばキレイな花やブーケなどは女性にとっては好印象。費用はやや高くなりますが、プリザーブドフラワーを選べば、自宅でのインテリアとして長く活用できますから、親しい女性にはこうしたプレゼントを選んでも良いかもしれません。花だけを贈るのには抵抗があるという場合には、ぬいぐるみやお菓子などとセットになっている物を選びましょう。これならシャイな女性でも受け取りやすいですし、関係を一歩進めたいというカップルにもぴったりです。花以外ならぬいぐるみやキーホルダー、その女性が好きな食べ物や飲みものを贈るのも良いかもしれません。ただし、相手の好みもありますから、事前に好き嫌いをリサーチしておいたほうが良いでしょう。直接尋ねられないなら、女性の友人や同僚などに聞いて選んだり、場合によっては女性と一緒に選びに行くのもおすすめです。

どうしても贈り物が選べない…そんな時は

「形に残る物はなんだか重くてイヤだ」と感じていたり「時間がなくて結局選べなかった」という場合でも大丈夫。いちばん大切なのは贈り物をしたいという気持ちや、相手への好意を伝えるということです。物が用意できないなら一緒に食事に行く、後日選べなかったことを伝えた上で贈り物を渡すという方法でもOK。ただし、有名レストランや人気の店では早々に予約が埋まってしまいますから、ホワイトデーのディナーを予約したいなら早めに抑えておきましょう。腕に自信があるようなら、自分で料理を振る舞うのも良いかもしれません。特別な贈り物ではなく、料理とちょっといいお酒を用意してもてなすというのも女性にとっては嬉しい演出のひとつです。自分ができる方法はなにか、どんな物を贈りたいかをじっくり悩んで決めましょう。

人気記事ランキング